トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

新入荷日本酒情報! 秋田特集 やまとしずく純米吟醸

F1020247

1、2月は秋田特集をしていまして、秋田県の新しい日本酒が入りました。秋田県大仙市の秋田清酒株式会社よりやまとしずく純米吟醸です。

「へ ト ・」と書いて「やまとしずく」と読みます。 地元農家と一体になった酒米作りを行い、極軟水を使用した手間も時間をかけた長期低温発酵の酒。米の旨味、酒の香りが柔らかく広がり、綺麗に消えていきます。

いぶりがっこ、花寿司など、秋田特集として用意している食材と合わせてみてください。もちろん、他の料理でもOK。魚系の料理もいいですが、肉系の料理との相性も良し。塩気が強めの物の方が合わせやすいようです。


マグロの酒盗

D1000112

酒の肴に最適な酒盗。鰹の酒盗はよく見かけますが、マグロの酒盗もあります。鰹の酒盗と同様に、マグロの内臓(胃)を塩に漬け込んで熟成させて作られています。鰹の酒盗と比べると生臭さが少なく、味もまろやか。ちょっと贅沢な酒盗です。1つ450円。鰹の酒盗もあります。そちらは300円。

鰹の酒盗はカッテージチーズや白カビのチーズに乗せて食べても美味しいです。酒が進みます。


店名のBYとは

F1020248

店の名前の「BY]。これは日本酒の醸造年度を表す表記からきています。

日本酒では毎年の7月1日から翌年の6月30日までの間に出来た酒を写真のように「BY XX」または「XX BY」のように表記します。平成23年度なら「23BY」となります。「BY」は「Brewing Year (Brewery Year)」の略です。日本酒と発酵食材をメインにしているのでこの名前にしました。

他にも色々な方の助けにより今があるので、英語の「by」の意味で「~によって」とか「~の力を借りて」の意味を含めたりもしています。
他にも引っ掛けている意味はあるのですが、それはご来店頂いた際にでもお時間あればご説明いたします。


新入荷日本酒情報! 伯楽星 純米吟醸 おりがらみ 本生 23BY

F1020246

宮城県の新澤醸造店の伯楽星の新酒が入りました。伯楽星 純米吟醸 おりがらみ 本生 23BY。

宮城県産の酒米「蔵の華』を55%まで磨いた純米吟醸酒です。インパクトは求めずに究極の3杯目を目指す新澤醸造店の酒。心地よい香りと、飲み飽きない綺麗な深い味わいがあります。日本酒度は+5。酸度が1.8。アルコール度数は16~17%とやや高め。

販売店では売り切れとなっている所が続出しているようなので、次の入荷は暫く先になってしまいます。お早めにどうぞ。


2012年1月28日 (土)

新入荷日本酒!奥播磨純米吟醸超辛黒ラベル

新入荷日本酒!奥播磨純米吟醸超辛黒ラベル
新しい日本酒が入りました。兵庫県姫路市の下村酒造店の奥播磨純米吟醸超辛黒ラベルです。
兵庫夢錦を55%まで磨いた純米吟醸超辛バージョン。日本酒度+13。酸度1.9とかなり高めです。広がりのある強い旨味があって、キレの良さも際立ちます。和、洋幅広く合わせられる旨い日本酒です。
1杯(0.8合)650円。この機会に是非!

2012年1月24日 (火)

切り昆布の佃煮梅納豆和え

切り昆布の佃煮梅納豆和え
桜海老と切り昆布の佃煮を作りました。納豆ととんぶりと和えてます。とんぶりは、秋田の食材でホーキ草の実です。畑のキャビアとも言われていて、納豆との相性抜群。プチプチの食感です。たたき梅がネバネバ、プチプチすべてを調和します。

2012年1月23日 (月)

秋田の花ずし

秋田の花ずし
BYでは2ヶ月ぐらいづつ各県の日本酒や発酵食品の特集をしています。1、2月の特集は秋田県です。写真は秋田県の「花ずし」。茄子の中に食用の菊と唐辛子、餅米を詰めて麹に漬け込んだものです。茄子の青、菊の黄色、唐辛子の赤と、見た目も美しい漬物です。

この他、大根の漬物を燻製にした「いぶりがっこ」などもご用意しています。近日中に秋田の伝統調味料の「しょっつる」を使った料理や、海草を使った「ぎばさ」なども用意する予定です。

また、現在秋田県の日本酒として、ゆきの美人純米吟醸吟の精、天の戸特別純米美稲、雪の茅舎純米吟醸、刈穂六舟純米吟醸、白瀑純米酒こまちを用意しています。無くなり次第、新しい物と入れ替えていきます。乞うご期待!

2012年1月20日 (金)

自家製アンダース( 肉味噌)

自家製アンダース(<br />
 肉味噌)
アンダース(肉味噌)は沖縄の郷土料理。各家庭の味があるそうです。我が家(BY)の味をぜひお試しください。肉と味噌の組み合わせは、絶妙!

小手まり握り

小手まり握り
BYではご飯メニューも用意しています。こちらは小手まり握り。アンダースー、ゆかり、おかかの三種類。一口サイズの小さなオニギリです。香の物が付きます。この他、ご飯と味噌汁、香の物の銀シャリセットも有ります。

ご飯は農家から直接購入している無農薬で栽培された米で、毎日炊く量だけ精米して炊いています。お米は生鮮食品のようなもので、精米してから時間が経つと徐々に味が落ちてきます。精米したてを炊いた米を、飲んだシメに是非どうぞ。

お酒は飲まず、お茶やソフトドリンクとご飯だけのお客様も大歓迎です。渋味や香りの穏やかで日本茶のように飲める国産の紅茶(和紅茶)やザクロジュースがあります。

2012年1月19日 (木)

彩り人参塩こうじ漬け

彩り人参塩こうじ漬け
彩り人参は、通常の人参色、白、紫の3色。埼玉県川越の農家さんのもの。毎年、スティック野菜用に作られてるそうです。紫キャベツかと思って食べたら、人参。カラフルで綺麗、楽しい人参です。

2012年1月18日 (水)

切り干し大根の甘酢

切り干し大根の甘酢
切り干し大根は、秋田県小安温泉で茹でて、地熱で乾燥されたもの。輪切り、肉厚でおいしい。タコと甘酢で和えました。即だしメニューの一つで400円。

2012年1月17日 (火)

塩こうじ漬スルメ

塩こうじ漬スルメ
塩こうじもので当店の一番人気、塩こうじ漬スルメ。スルメを10日以上漬けたもので、スルメとは思えないやわらかさ。見た目は、塩辛っぽいですが生臭さはなく、塩辛が苦手な方もぜひ一度チャレンジしてみてください。日本酒がすすみます。

2012年1月14日 (土)

アボガドアイス

アボガドアイス
お店では甘い物もあります。写真はアボガドアイスです。アボガドと豆乳、純カカオ、蜂蜜で作っています。牛乳などの乳製品は入っていないですが、食べるとチョコレートアイス。ヘルシーなアイスです。
今はもう一つあって、バニラアイスの酒粕あんこジャム乗せ。酒粕と小豆餡で作ったジャムがバニラアイスに添えてあります。バニラアイスと酒粕の味がよく合います。食後に是非。

2012年1月13日 (金)

五色なます

五色なます
今週は五色なますを用意しています。大根、ニンジン、キュウリ、干し椎茸、油揚げで五色です。お酢を使ったなますのタレに、すりごまをたっぷり入れてあります。
日本酒はもちろんビールでも美味しい料理です。

煮豚

煮豚
お店の定番料理の1つ。煮豚です。
肉屋で50年注ぎ足して使われてきた煮汁を譲り受けて作っています。
旨味が溶け込み長年熟成された醤油ベースの煮汁の旨さが染み込むように、約1日かけて煮ています。煮豚には煮汁に漬けたゆで卵もついていますので合わせてお楽しみください。

2012年1月12日 (木)

即だしメニュー

即だしメニュー
当店では、席料をいただいていない為、おとうしはでません。

そのため、即だしメニューオススメしてます。写真は、野菜のかす汁。酒かすは、八ヶ岳の武の井酒造のもの。12月に搾ったものらしくフレッシュ。

他に塩こうじスルメ、アンダースー(肉みそ)などあります。

2012年1月11日 (水)

本日の日本酒

本日の日本酒
いよいよ本日「酒と醸し料理 BY」オープンです。
オープン初日の日本酒は新潟県の鶴齢純米吟醸。愛知県の醸し人九平次純米吟醸件の山田生。宮城県の伯楽星純米吟醸。福島県の末廣伝承山廃純米。
1月、2月は秋田県特集ということで、ゆきの美人純米吟醸吟の精、天の戸特別純米美稲、雪の茅舎純米吟醸、刈穂六舟純米吟醸、白瀑純米酒こまちもあります。

料理も秋田県特集物があって、いぶりがっこ、花寿司など用意しています。

2012年1月10日 (火)

明日オープン

明日オープン
明日はいよいよ開店です。緊張します。

写真は自家製の果実酒。
梅はブランデー梅酒。ヘネシーだから、リッチな味がします。

2012年1月 9日 (月)

看板

F1020205

「酒と醸(かも)し料理 BY」のオープンが迫ってきました。

年末につけた看板はデザイナーにお願いして作ってもらいました。
飛んできた種がその地で芽を出すイメージです。

お店のオープンは11日。よろしくおねがいします。

2012年1月 2日 (月)

店内風景

F1020190

壁紙など自分たちで貼り替え、色々手直しして店内はこのようになっています。
カウンター席のみ7席(8番目は狭いですが限界8席)入れます。

狭い店でお酒を楽しんで頂くため、店内禁煙、お子様連れ不可となっております。

よろしくおねがいします。


2012年1月 1日 (日)

壁貼り替え

F1020171

お店は居ぬきで借りました。店内は自分たちで改装。壁紙などは仲間を集めて自分たちで貼り替えました。仲間に感謝です。小さな店で、形が変わっていて貼り替えに苦労しました。

酒と醸し料理 BY

Photo

「酒と醸し料理 BY」

--------------------------------------------------
公式ホームページが出来ました!

酒と醸し料理 BY ホームページ

当面こちらのブログも更新する予定ですが、いずれホームページに統合します。


英語の案内ページもあります。

酒と醸し料理 BY English page


--------------------------------------------------


〒174-0072
東京都板橋区南常盤台1-29-6 シブヤビル1F
03-6325-9874
kamoshi-by@nifty.com

open 17:30
close 24:00(LO 23:30)
定休日 日曜、祝日

日本酒と発酵食品を使った料理がメインの飲み屋です。
利き酒師の選ぶ日本酒と各種発酵食品が楽しめます。

日本酒以外にも自家製果実酒、焼酎などのお酒もございます。
その他、精米したてを炊いた米、和紅茶などもご用意しています。

ご来店おまちしています。


お酒と料理の味や香りを楽しんでいただく為、店内は禁煙となっております。また、狭い店の為、お子様連れのお客様もご遠慮いただいております。よろしくお願いします。

当店はお通しや席料はありません。気軽にご利用ください。

ご予約は、カウンターのみの狭い店の為、4名様まででお願いしています。6名様より貸切営業も行っています(料理込、日本酒など店の酒類どれでも飲み放題、6名様以上10名まで、5000円(税別)から(3時間応相談)、日曜祝日も対応可、詳細はこちら)。

Photo_3

Twitter
@kamoshiby

Facebookページもあります!

酒と醸し料理 BY Facebookページ 

女性のみで来店のお客様はお店日本酒どれでも半額の「大好き日本酒女子の日」は毎週水曜開催!

20代学生で最初に学生証を提示して頂いた方は店の日本酒どれでも半額の「日本酒好き学生半額制度」は毎日開催!(学生半額制度はお一人様2時間までとさせて頂きます。)

居合わせた20代学生に飲んでいる日本酒をご馳走したら飲んでいる日本酒もご馳走した日本酒も半額にななる「ゴチ割」もあります。1杯分の料金で学生にご馳走出来て楽しい気持ちになれます。(別グループの方へのご馳走で、お一人様1回限りとさせて頂きます。)


利き酒会などで便利なグラスホルダーの販売サイトはこちらです。

sakeiine 紙製組み立て式グラスホルダー


トップページ | 2012年2月 »

フォト

Twitter

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31